スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛みのある食べ物で冬を乗り越えよう

キムチナベ


 どうもお久しぶりです!


 やっと試験が終わりました。 また更新していきますので、よろしくおねがいします。


 この1週間でとても冷え込みましたね。 まだまだ寒い日は続きますので、今日は寒さ対策に有効な食材について取り上げます。




辛みで寒さ対策


 寒い季節は身体を芯から温めたいものですよね。 そこでお勧めの食べものは、皆さんのご存知のとおり「辛みのある食べ物」です。


 辛い食材には、代謝促進食欲増進などの作用がある為、寒さで代謝や食欲が低下しやすい冬にお勧めです。




辛味の多い食品と主な成分


 辛い食品には、主に二通りあります。


 1つ目は、大根、生姜、わさびなどのツーンとくる”クール系”


  大根(アリルイソチオシアネート)

  わさび(アリルイソチオシアネート)

  からし(アリルイソチオシアネート)

  ねぎ(硫化アリル)

  玉ねぎ(硫化アリル)

  にんにく(硫化アリル)

  しょうが(ジンゲオール、ショウガオール)


 2つ目は、とうがらし、こしょうなどヒリヒリくる”ホット系”


  とうがらし(カプサイシン)

  こしょう(ピペリン)


 玉ねぎを生食する場合に水にさらすと、硫化アリル動脈硬化予防脂肪燃焼抗菌作用にも効果)が溶けだしてしまうので、さらさずに召し上がってください。


 辛みやえぐみが気になる方は、レモン汁を加えることで抑えることができます。 それでも、辛みが強すぎると感じる方は、水にさらす時間を短くしてください。




おわりに


 冬場は、玉ねぎやねぎ、大根を入れた鍋をすると美味しいですよね。 旬の食材を美味しく食べるってのが、健康に一番いいです。


 辛いものは、胃に負担をかけやすいので、食べすぎには注意してください。 もちろん、ダイエットのためにも!! 何事もほどほどが大切です(。・ω・。)v


 話は変わりますが・・・

 ここのところ放置していたのにも関わらず、ここ1週間で多くのアクセスがありました。 しかも九大や東京理科大など大学からのアクセスが多いです。


 学生の諸君! 参考にするのは悪いことではないけど、レポートの最後に参考URLを貼ってください(笑) 参考になったらでいいので。


 それではまた


【参考】

1月19日放送 NHK きょうの健康 「辛みで冬の健康管理」

NHK きょうの健康 テキスト1月号

NHKサイトから旬の辛み食材を使ったレシピが載っているテキストが購入できます。




当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 辛み 硫化アリル アリルイソチオシアネート カプサイシン ピペリン ジンゲロール ショウガオール

目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。