スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
β-エンドルフィンの食欲増進効果(心理学的考察編)

今日は、β-エンドルフィンベータエンドルフィン)について書きます。

β-エンドルフィンが分泌されると身体に良いことがたくさん起きます

しかし、場合によっては、肥満を起こす要因にもなります。

では、そのβ-エンドルフィンについて見ていきましょう。




フェルト犬

続きを読むをクリックしてください。



当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

(続き)




脳内麻薬・β-エンドルフィン


β-エンドルフィンは、アヘンに含まれるモルヒネと同じような働きをもつ物質で

脳内麻薬様物質」とも呼ばれています。



このβ-エンドルフィンは、「快感物質」とも呼ばれ、

人が気持ちが良いと感じる時にはこのβ-エンドルフィンが脳内で分泌されています。

β-エンドルフィンは、別名「ハピネスホルモン」とも呼ばれます。



脳内麻薬とも呼ばれるので、体に悪影響があると思われる方もいらっしゃいます。

実際は、毒性はほとんどなく、脳内で産生されると心身共に良好な状態に近づきます。




嗜好性の高い物がβ-エンドルフィン産生


「甘み」、「油脂」、「だし」とβ-エンドルフィンはどのような関係があるのでしょうか?

それは、これらのものを摂取したときにβ-エンドルフィンが分泌される傾向にあります。



動物本能的に甘みを嫌う人は存在しません。

実際は、好みの味のものに反応して産生されます。

辛い味が好みという方は、辛い物を食べた時にもβ-エンドルフィンが分泌されます。

油ものやだしにも、β-エンドルフィンの分泌を促進する効果があります。



また出産の時やマラソンをしている時にも、分泌されることでも有名です。

β-エンドルフィンには、苦痛を伴う時にそれを和らげる効果もあります。




癖になるβ-エンドルフィン


このβ-エンドルフィンの厄介なところは依存性があるということです。

結論から先に書きますと・・・。

依存のために起こる行動は意志の力だけでやめるのが難しいということです。



これは、心理学の「オペラント条件付け」という学習理論で説明できます。




心理学から見たダイエット


※注意※

難しいので、余裕のある人は読んでください。

とにかく大切なのは、気合いや精神論だけではダイエットはできない

・・・と言うことです。



オペラント条件付けとは・・・

Aという行動をさせたあとに正の強化子をあたえる。

その結果、Aという行動の起こる頻度が増える。

この原理をオペラント条件付けといいます。



用語だけではわかりにくいので、犬のしつけで説明します。



芸を覚えていない子犬に「お手」を覚えさせるとします。

「お手」と声をかけた後に手で右脚を持ち上げて、ご褒美のお菓子を与えます。

それを何度も繰り返すと、子犬のまえに手を出して「お手」と声をかけるだけで、

右脚を手に乗せる動作をするようになります。



つまり右脚を挙げて手に乗せるという動作を強化(学習)したということになります。

これが「オペラント条件付け」の原理です。



うえで説明した行動Aが、右脚をあげることとなります。

正の強化子は、ご褒美のお菓子になります。

この正の強化子は、学習させる対象(人や動物)に好ましいものでなければいけません。



このオペラント条件付けをβ-エンドルフィンと食事に当てはめると・・・

つぎの図のようになります。


オペラント条件付けとβ-エンドルフィン1

オペラント条件付けとβ-エンドルフィン2



ギャンブル依存やニコチン依存も同じ原理です。



依存への対処法


それでは、β-エンドルフィンの食欲増進効果に依存への対処法を考えましょう。

オペラント条件付け理論で考えると「消去」と「嫌悪条件付け」というものがあります。



消去」とは、犬しつけの例でいえば、

お手をしても報酬(強化子)も与えないようにすることです。

次第にお手をする回数が減って行き、最終的にはお手をしなくなります。



しかし、β-エンドルフィンは意志とは無関係に分泌されるので、

依存性を消去することはできません。



次に「嫌悪条件付け」について、犬のしつけを例に説明します。

これは犬がお手をしたら、叱咤したり、なにかしらの罰をあたえるなどを繰り返すことで

次第に犬がお手をしなくなるということです。



これをβ-エンドルフィンで強化された食事に組み込むとすると・・・。

例えば、甘み、油脂、だしの濃い食事に体調を悪くする薬を混ぜるなどです。

これは、危険ですし、他人に強制することは人道的に許されるはずがありません。



消去」も「嫌悪条件付け」もあまり好ましい方法ではありません。



それでは、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

他の方法でβ-エンドルフィンを分泌させ、気を紛らわせる方法です。



どういったときにβ-エンドルフィンを分泌させることができるのでしょうか?

かなり長くなったので、続きは次回にしたいと思います。




おわりに


かなり長くなってしまいました

しかも、わかりにくい説明なので、理解するのが難しいと思います。

さらっと読み流していただければ、幸いです



この記事を書くにあたって、一応、参考書などで再確認していますが、

基本的に私の認識をそのまま文章にしています。

なにかお気づきになりましたら、お気軽におしえてください。




関連記事

食欲のメカニズムについて

空腹感を起こすドパミン





当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであればクリックお願いします。

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : β-エンドルフィン ダイエット オペラント条件付け しつけ 肥満 食欲

Secret
(非公開コメント:受付中)

こんばんは!

3食骨盤ダイエットの、 maruna ○納 です。

犬の例え、わかりやすかったです。

ですが、人間に消去も嫌悪条件付けも
実際に行うことは難しいですよね。

続きが楽しみです!


応援、ポチっとな!いっときますネ!
No title
こんにちは、戸ヶ瀬です!

今回はかなり専門的な話でしたね。
でも、分かりやすかったですよ!

ダイエット中に思わず高カロリーなものを食べたり、間食をしてしまったりする人は、まさしくこの依存症にかかってしまっているのかもしれませんね(汗)
といっても、私も元々はそうだったのですが(^^;

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
こんばんは!!
ちょっと難しい気かも…。

なんて思ってしまってましたが、
「わんこ」に例えて頂いたお陰で
分かりやすく読むことが出来ました。

P.S. 応援しました~☆
maruna ○納さんへ
こんばんは。

> 犬の例え、わかりやすかったです。

そう言っていただけるとがんばった甲斐があります。

動物にできる学習法と人間への学習法は違いますからねー。
次回はそのへんも書いていこうと思います。

応援ポチありがとうございます!
私も押しにいきますね。
戸ヶ瀬さんへ
こんばんは。

> 分かりやすかったですよ!
そういっていただけると安心します

痩せないといけないと思っても、意志の力だけでは難しいんですよね。
ストレスが溜まってドカ食いだけでなく、
もうそれが癖になっちゃってる場合は心の持ち方だけではどうしようもないです。

次回は、そこについて掘り下げて紹介したいと思います。
応援ありがとうございます!
私も応援しにいきますね。
MIKUさんへ
「これは難しいので、そこまで説明する必要はあるのかな」
・・・と思ったのですが、頑張って説明した甲斐がありました。

肝心なところは次回なので、是非ご覧ください。

応援ありがとうございます!
目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。