スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット・健康維持のための睡眠法。

今回は不眠についての対処法について紹介します

前回書いたように睡眠不足だと食欲・空腹感が亢進し、たくさん食べてしまいます。

また、一日の活動量も低下してしまいエネルギー消費も落ちてしまいます



しかし、なかなか眠りに付けないこともよくありますね。

できるだけぐっすり眠って、ダイエット、そして健康維持をしましょう




キャンドル

続きを読むをクリックしてください。



当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

(続き)





前回の記事で睡眠不足はダイエットや美容に大敵と書きました。

(前回の記事はこちら



現代社会において、睡眠に関する悩みをもつ方はたくさんいらっしゃいます。

睡眠不足だと、元気がでなかったり活動量が減ったりと生活に支障をきたしますね。

もちろん美容面やダイエット面でも悪影響があります。



今日は就寝前にする対策を紹介します。




睡眠はドパミンの影響を受けやすい


実は、以前に紹介した食欲を亢進させるドパミンは、睡眠とも深い関係があります。

そのときに紹介したように脳内物質であるドパミンに興奮作用があります。

このドパミンが日ごろから多く分泌されている方は、不眠になりやすいというわけです。



とくに就寝前はこのドパミンが分泌されないように過ごすことが重要です。




就寝前に気をつけたい6つのこと



1.睡眠前に激しい運動はしない


激しい運動は脳を活性化させてしまいます。

脳が活性化してしまうと寝つきが悪くなります。



2.刺激物を控える


コーヒーのカフェインや辛い物も脳を活性化させます。

寝る直前に摂ると眠れなくなってしまいます。



3.照明は明るすぎないように


照明が明るすぎるのもドパミン産出の要因になります。

寝る30分前には電気は消して、間接照明だけで過ごすと良いでしょう。



4.寝室や寝具の色にも気をつける


例えば、寝室が赤色で統一されていたらどうでしょうか?

眠りにつきにくいと思います。

視覚からの刺激にも配慮して、赤やオレンジから青や緑に変えましょう。



5.テレビ、パソコン、携帯電話の光に注意


ドパミンの記事でも紹介したように強い光は脳を活性化させます。

就寝前には使わないほうがいいでしょう。

普段もバックライトの光は、弱めに設定した方が良いです。

また眠れないからと言って、携帯電話を触ると余計眠れなくなります。



6.激しい音楽も控えましょう。


これもドパミンの記事で書いたように脳を活性化させます。

強い音や速いテンポの曲は避けましょう。




睡眠前にオススメなこと


逆に心落ち着かせるようなことをすれば眠りにつきやすくなります。



1.静かな音楽を聴く。


静かな音楽は逆に鎮静効果があり眠りにつきやすくなります。

不眠症の人の為のヒーリングミュージックというようなCDも販売されています。



2.ホットミルクを飲む


これは牛乳に含まれる成分メラトニンに睡眠バランスをよくする効果があります。

また胃にやさしいので胃酸過多などがある方は、是非のんでください。

ただし、冷たいものは脳を覚醒させてしまいます。

飲むのならホットにしてくださいね。



3.アロマを用いる。


寝る前にアロマを用いるのもおすすめです。

ラベンダーやイランイランなどの精油は安いのですぐに手に入ります。

私は、ネロリが好きなのでよく利用しています。


使い方はアロマフューザーを用いるのもいいですが、

私は簡単にティッシュに1、2滴程精油を落として枕元に置いています。

これだけでも十分に香りがします。


寝る直前の間接照明としてアロマキャンドルを用いるのもおすすめです。



4.呼吸法


途中で起きたり、寝付けない時は、深呼吸するのも効果的です。

鼻からゆっくり息を吸って、ゆっくり口から吐くのを眠れるまでつづけます。





おわりに


食事、運動、睡眠は、「健康の三原則」と呼ばれています。

健康を維持するのに、睡眠はとても大きな役割があります。

今回、紹介したことが皆さんの手助けになれば幸いです。



みなさんの眠れない時の対策法も教えていただけれると嬉しいです。





関連記事

食欲のメカニズムについて

美容、ダイエットの大敵!睡眠不足!

空腹感を引き起こすドパミン



    



当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであればクリックお願いします。

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ダイエット 不眠 睡眠 ドパミン アロマ

Secret
(非公開コメント:受付中)

こんばんは~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ旦~ボチボチッ

睡眠不足だと・・・・
たくさん食べてしまうってホントなんでしゅか。。。。(;゜〇゜)
しかもわたしは・・・・
寝る直前までパソコンをカシャ!カシャ!
ダメですニェΣ( ̄ロ ̄lll) 
No title
こんばんは。
この記事を読んで分かりました!!
出産前は寝たいだけ寝ていました。
寝るのが趣味なくらい。
今明らかに睡眠不足です。
だから食欲が増えたのか~
かなり当てはまり納得です☆
No title
こんにちは、戸ヶ瀬です!

私はまさしく5に当てはまってますね…
仕事でも趣味でもパソコンを使うので、寝る直前まで画面を見続けているということが多いです(汗)

静かな音楽を聴くのとアロマテラピーなら楽に取り入れられそうなので、今度ぜひやってみたいと思います♪
寝付きの悪さが解消されますように…(^^ゞ

追記:相互リンクのお申込み、ありがとうございます♪
ただいま、リンク集よりリンクを貼らせていただきました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
チビとこさんへ
こんばんは。

睡眠不足→過食は、科学的な機序もはっきりしているので本当です。

眠れているのなら直前までパソコンしていても問題ないと思いますよ!!
個人差が大きいんで、パソコンされている方でも眠れる人は眠れますしね。
ゆずさんへ
こんばんは。

お子さんが小さいうちは仕方ないですよ。
その分、ゆずさんは運動されているので問題ないです。
私も何かと睡眠不足ですが体重は減ってますしね!
戸ヶ瀬さんへ
こんばんは。

私もそうですね。
仕事でパソコンを使うことがあるので多分睡眠に影響を与えていると思います。

リラックスするのに音楽とアロマを使うのはオススメです。
寝つきがよくなるといいですね。

相互リンク、ありがとうございます。
今後もよろしくおねがいいたします。
目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。