スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒスチジンを摂って満腹中枢を刺激。

今回は下の写真にあるまぐろなどに多く含まれるヒスチジンについて書きます。

前回の記事をまだご覧になっていない方は、そちらから読んでいただけるとわかりやすいと思います。 (記事はこちらです)




まぐろの刺身



続きを読むをクリックしてください。



当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

(続き)





前回、噛むことが脳内ヒスタミンを産出し、満腹中枢を刺激するという話をしました。

それでもなお食事量が減らないと言う方もいらっしゃるでしょう。

さらに効果的に脳内ヒスタミンを産出される方法はないのでしょうか?



結論から先に書くと、実はあるのです!

今日は食べて脳内ヒスタミンを産生し満腹中枢を刺激する方法を紹介します。




口から摂れないヒスタミン


ヒスタミンは、内因性発痛物質とも呼ばれています。

簡単に言うと、「体内で合成され、痛みを引き起こす作用のある物質」です。



通常、我々の食べるものにヒスタミンは含まれていません。

それでも、現代の科学技術でヒスタミンの生成に成功しています。

その生成されたヒスタミンは白い粉末状の物質で、小さな瓶入りで7500円だそうです。



「それを食べればいいんじゃないの?」と御思いになる方がいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそれはできません。



脳には血液中の物質を選別する血液脳関門というメカニズムがあるからです。



ヒスタミンは、この血液脳関門によって脳内に入ることできません。

つまり、口からヒスタミンを摂ったとしても満腹中枢を刺激することができないわけです。



それどころか、触れただけでも痛み(正確には痒み)を引き起こします。

また発赤や浮腫(むくみ)、腫れや熱感も出現します。

それを飲むなんてとんでもない話ですね。




ヒスタミンの元になるヒスチジン


ヒスタミンを口から摂るのは、ダメです。

ヒスタミンがダメなら、どうすればいいのでしょうか?



結論から言うと、脳内でヒスタミンに合成される元となる物質を摂るようにします。

その元になる物質は、ヒスチジンと呼ばれます。

ヒスチジンは、先ほどの血液脳関門も問題なく通ることができます。




食事量を抑えるヒスチジン


NHK「ためしてガッテン」で紹介されていたことを書きます。



ヒスチジンの食欲抑制は、文教大学健康栄養学科の中島茂教授の研究グループが発見しました。

マウス実験によると、餌にヒスチジンを混ぜた群は、そのままの群と比べて食事量が30%減少したそうです。



つまり、ヒスチジンが多く含まれた食材を摂ることで食事量の減少が期待できます。

それでは、どのような食材にヒスチジンが多く含まれるのでしょうか?




ヒスチジンの多く含まれる食材


私の重要なパートナーである食品成分表にヒスチジンの項目はありませんでした↓↓

そこで、こちらのサイトをご覧ください。



ざっと見ると、魚類でとくに赤身魚や青魚が多いですね。


これらの魚をで生やだしとして摂ると良いみたいです。

それと十分なたんぱく質もいっしょにとるようにします。

たんぱく質は、ヒスタミンを合成するときの補助になります。




ヒスチジンを摂るうえでの注意点。


ヒスタミンはもともとアレルギー反応を引き起こします。

喘息やアレルギー症状のある方は、ヒスチジンの摂りすぎに注意しましょう。

ヒスチジンのサプリメントも売られていますが、できるだけ自然食品から摂りましょう。

自然な食材で摂る分には余程食べ過ぎない限り心配ありません。



また、魚から摂る場合は、できるだけ新鮮なうちに食べましょう。

時間がたつと魚のヒスチジンがヒスタミン生成菌によってヒスタミンにかわります。

大量にヒスタミンが含まれた魚を食べると「ヒスタミン食中毒」を起こします。

注意しましょう!!




おわりに


今回、ヒスタミンの原料となるヒスチジンについて紹介しました。

食事前にガムを噛むにしても、ヒスチジンを摂るにしても

とにかく食事中に良く噛むこと、これが重要です。



咀嚼の少ない人が肥満や糖尿病になりやすいのは、統計的に明らかになっています。

また、噛むことで消化器官に与える負担を和らげることもできます。



食事中はよく噛んで、健康的なダイエットをしましょう!





関連記事

食欲のメカニズムについて

噛んで脳内ヒスタミン産出ダイエット





当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであればクリックお願いします。

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret
(非公開コメント:受付中)

こんばんは!!
応援クリックしました!!

ふなきち。さんのブログ、
いつも良い勉強になります☆

この前のガムと合わせて
此方の方も試してみますね!!
MIKUさんへ
おはようございます。
応援ありがとうございます。

そう言っていただけると嬉しいです。
もっとお役に立てるようにがんばりますo(*・ω・)○ ファイトー!

よく咀嚼して健康ダイエットしましょうね(。・ω・。)v
No title
こんにちは、戸ヶ瀬です!

青魚と赤身魚が良いんですね♪
見たところカツオがかなり良いみたいなので、これから積極的に食べていきたいと思います(^^

体内で合成出来ないと言えば、コラーゲンも体内でアミノ酸に分解されてしまうので、最近ではコラーゲンに変わる成分を摂取するというスタイルが多くなっているみたいですね♪

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
戸ヶ瀬さんへ
おはようございます。

ヒスチジンが無くとしても、肉より魚ということみたいですね。
カツオのたたきは美味しいんでオススメです。

コラーゲンも口から摂っても意味がないって言われていますよね。
詳しいことがわからないので調べてみます。

応援ありがとうございます。
クリックしにいきますね。
目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。