スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠・中医学からの視点

今回は、美容・ダイエットの大敵「不眠症」を中医学的対処法について紹介します。

中医学では、不眠症を「不寝」と呼び、睡眠が慢性的に不足していることを指します。

この「不寝」は、環境・季節の変化、精神疲労や思慮過多(思い悩みがち)によって、

心脾」のバランスが崩れた時などに起こる可能性があります



※注意※

ここで言う「心脾」とは、心臓や脾臓のことではありません。 これは中医学独特の概念で、人体は「肝、心、脾、肺、腎」の5つの要素のバランスによって成り立つと考えられています。 つまり、不眠症だから心臓や脾臓が悪いというわけではありませんし、早急に何かしらの処置が必要と言うわけでもありません。ご安心ください。



続きを読むをクリックしてください。



当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

つづき





中医学と西洋医学の分類の違い


西洋医学だったら背景にある疾患について多少の検査はしますが、

ほとんどの場合、精神安定剤や睡眠導入剤を処方されるに止まります。



一方、中医学では、さらに細かい分類がなされます。

その分類によって、処方される中医薬や漢方薬、ツボや手技が変わるのです。

簡単にですが、その分類を紹介します。




不眠症の中医学的分類


① 心陰虚型 ・・・ 眠っても夢をよく見て、すぐに目を覚ます


② 心腎不交型 ・・・ 疲労倦怠によるもの 


③ 心脾両虚型 ・・・ 思慮過多(思い悩みがち)、疲労によるもの 

    めまいを伴ったり、物忘れが多くなったりする場合が多い


④ 心胆気虚型 ・・・ 過度の恐怖、驚きによるもの 

    動悸(ドキドキする)を伴う場合が多い。


⑤ 肝胆鬱熱型 ・・・ 過度の怒り、悩みによるもの 

    食欲不振、めまい、脇痛を伴う場合が多い。 


⑥ 胆熱擾心型 ・・・ 油もの、甘い物の過食によるもの 


⑦ 心火旺型 ・・・ 精神疲労、神経衰弱によるもの 


⑧ 余熱擾膈型 ・・・ 熱性疾患の後期に起こるもの



簡単に書き連ねてみました。

「こういうものがあるんだ」程度にサラっと読んでいただけると結構です。



中医学では、同じ不眠という症状でも様々なタイプに分類されます。

最初の○○型というのは、西洋医学でいう疾患を特定する「診断」にあたります。

これを中医学では、「証診断(しょうしんだん)」といいます。


西洋医学の診断は、症状や検査結果から病名を特定して治療するのに対して、

中医学ではその人自身の身体の状態を特定して治療を行います。



問診である程度の見立てを立てたあとに脈や身体の状態を見て判断します。




不眠症治療に使われるツボ


とはいえ、一般の方が「証診断」をするのは困難です。

そこでどのタイプでもよく使われるツボを紹介します。



① 失眠(しつみん)

眠りを失うと書いて「失眠」と呼びます。

眠りを失った状態を改善する効果があります。


場所は「かかとのほぼ中央」です。


失眠

本当ならお灸が良いのですが、鉛筆の裏などで押すのもOKです。

かかとは固いので結構つよめに押すようにしましょう。




② 安眠(あんみん)

その名のとおり、安眠する為のツボです。


場所は、耳の後ろにある下に出っ張った骨(乳様突起)の後ろ1~2cm。


安眠


ここは見つけるのが難しいツボなので、

だいたい耳の後ろあたりを気持ちよい程度の指でもむようにします。




③ 足三里(あしさんり)

毎日お灸を据えれば、150年くらい生きられると呼ばれているツボです(笑)

中学時代に読んだ、松尾芭蕉の「奥の細道」にも出てきます。



この足三里は、様々な症状を改善する効果があります。

不眠以外にも、便秘や下痢などの消化器症状によく効きます。



場所は、ひざの外側の窪み(外膝眼【がいしつがん】と呼ぶ)から指4本下の部分です。

ひざから足につながる2本の骨の間になります。


足三里


わからない場合は、だいたいの場所を指圧すればOKです。




④ 神門(しんもん)

ここは不安感などの心理的な症状を抑える効果があります。

場所は、手のひら側の手の付け根で小指側の端にあります。


神門


親指でもみほぐすように指圧します

お灸をすえるのも効果的です。




⑤ 中脘(ちゅうかん)

中脘は、食欲不振などの症状があるときに使います。


場所は、みぞおちのすぐ上にある胸骨の下端(剣状突起)とおへそとを結んでちょうど間にあります。


中脘


ここは指圧ではなくて、お灸のほうがいいです。

お灸が無ければ、ドライヤーで中脘を中心にお腹全体を温めます。

不眠だけでなく、消化器症状にもオススメです。



ここで注意点が2つ。

1つ目は、同じところを温め続けないこと。(低温やけどに注意)

2つ目は、温め終わったら冷えないうちにとこにつくこと。




おわりに


今回は、鍼灸・中医学から見た「不眠症」について紹介しました。

とりあえず、すべて書き上げたのですが、いろいろ反省の連続でした。



図も見づらいし説明も下手なのでわかりづらいでしょうけど、

不眠で困っている方に見ていただければ良いなと思います。





関連記事

美容、ダイエットの大敵!睡眠不足!

ダイエット・健康維持のための睡眠法。





当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであればクリックお願いします。

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 不眠 不寝 失眠 安眠 足三里 中脘 神門 中医学 鍼灸

Secret
(非公開コメント:受付中)

No title
私は寝付きが悪いので、今日の記事はとても参考になりました♪
中医学だと聞いたことのないような言葉がたくさん出てきますね(汗)
早速ツボ押しを実践してみます!

足三里にお灸をすえれば150年生きられるなら、今からでもやりたいですね(笑)

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
No title
こんばんは。
(*´・ω・`)ノ凸ポチ♪、ありがとうございます。

本当ならお灸が一番効果的なんですけどねぇ。
ツボ押しでも多少の効果があるので是非ためしてみてください。
足三里は本当に効果的ですよ。
目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。