スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼精疲労・歯痛・筋筋膜性頭痛に効く「太陽穴」

 今日は、ひさびさにツボ日記にしたいと思います。


 今回は、眼精疲労や歯の痛み、筋筋膜性の頭痛を抑える「太陽穴(たいようけつ)」と呼ばれるツボについて紹介します。




どのような症状に効くのか?


① 眼精疲労


 眼精疲労とは、「パソコンなど同じ画面を見続けることによって、目の疲れや痛みを自覚するようになり、酷くなると頭痛や吐き気まで起こす」場合があります。 疲れ目とは異なり、目を少し休めたり睡眠で回復しないほどの重度の症状を言います。


 ここ10年、15年でパソコンを広く普及し、眼精疲労を訴える方が多くなりました。 仕事や勉強などで使わざるを得ない人は、眼精疲労だからと言ってやめるわけにはいきません。 そういうパソコンから離れられない方に、この太陽穴というツボがオススメです。


② 歯痛


 虫歯が痛んで夜に眠れなかった経験を持つ方も多くいらっしゃるかと思います。 そのようなときも太陽穴がいいです。 また、矯正による痛みにも有効です。


③ 筋筋膜性の頭痛


 この筋筋膜性の頭痛とは、いわゆる筋肉に関係する頭痛です。


 例えば、肩コリや首のコリが酷くなって頭痛にまで発展する場合があります。 これは、肩や首の筋肉のコリが頭の筋肉にまで広がっている状態です。


 また、先ほど説明した眼精疲労の頭痛もこの筋筋膜性の頭痛になります。 さらに、二日酔いのときの頭痛もこれに当たります。 ふなきちも二日酔いで頭痛がする時は自分で太陽穴に鍼をしています。


 風邪や打撲、脳疾患が原因の頭痛は、これにあてはまりません。




太陽穴の位置


太陽穴01

 またイケメンのモデルさんの顔を拝借したいと思います。 写真の赤い丸の位置です。 左右対称にあります。


 言葉で書くと、「眉の外側端と目尻のちょうど間の位置から外側に1寸」です。 口を開閉したら動く、こめかみの部分です。 「ちょっと待った!1寸って何よ?」と思われた方もいらっしゃると思うので、説明します。


 ツボの位置を表現する場合、通常センチ法ではなく「寸(すん)」を用います。 というのも、センチだと定規では測り易いかもしれませんが、ツボは体格差で位置が変わるので適していません。


 例えば、小顔のモデルさんの場合は1センチのところにツボがあっても、お相撲さんのように大きな人ではもっと離れた位置にあります。


 では、1寸とはどれくらいのことをいうのでしょうか? これには簡単な測り方があります。 次をご覧ください。




骨度法・同身寸法による取穴


骨度法1寸

 これは私の親指なのですが。 親指の第一関節部分の幅を1寸とすると定められています。 したがって、太陽穴「眉毛の外側の端と目尻を結んでその中央から、親指の第一関節部の幅の外側に離れた位置」にあります。


 通常の尺貫法の寸は具体的に何センチと置き換えが出来ます。 ツボを取る(取穴【しゅけつ】と言う)場合は、一般的な尺貫法ではなく、手や指を使って測る骨度法(こつどほう)または同身寸法(どうしんすんぽう)と呼ばれる特別な方法を用います。


 ここで注意していただきたいのは、基本的に骨度法で測る場合、その人自身の指を使います。 つまりAさんならAさんの指で、BさんならBさんの指で測ります。 逆にAさんのツボをBさんの指で測ることはできないのです。 というのも、小顔の女性の太陽穴を取穴するとき、お相撲さんのような大きな指で測ると誤差が生じるわけです。




指圧の方法


 うえの写真をさらに大きくします。

太陽穴02

 わかりやすく線を引いてみました。 眉の外はしと目尻を結んだ線の真ん中、そこから親指第一関節分はなれた場所です。 少しくぼんでいて、口をあけたりしめたりすると動くところです。


 左右の太陽穴を中指でゆっくり圧をかけ、時計周り、反時計回りとゆっくりまわしていきます。 眼精疲労の場合は、上を向き温めたおしぼりを目にかけてそのうえからマッサージするといいですよ。 目周辺の血流が上昇し効果的です。




おわりに


 太陽穴への指圧は即効性があり、これで症状が軽減することができます。 ただし、このツボだけで根本的な解決にはなりません。 例えば、歯の痛みだったら根本にある虫歯への処置をしないかぎりは治りません。


 パソコンによる眼精疲労の場合は、定期的な休憩が基本です。 休憩中に太陽穴をマッサージすることで予防、改善につながります。


 筋筋膜性の頭痛は、頭のマッサージや首、肩のマッサージ、ストレッチも一緒にすることで、症状の緩和や予防になります。


 ぜひ、お試しください。




当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 漢方・東洋医学
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 太陽穴 骨度法 頭痛 歯の痛み 眼精疲労 マッサージ 鍼灸

Secret
(非公開コメント:受付中)

No title
一寸にそういう意味があるとは知りませんでした!
てっきり○○cm=一寸っていう感じなのかと…(汗)

でもこれで正しいツボの探し方が分かったので良かったです♪
ここのツボは眼精疲労と歯痛に効くんですね…私は目を酷使する仕事をしているので、しっかりとここのツボ押しをしていきたいと思います!

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
こんばんは!!
応援クリックしました!!

試したことあるのは
手のツボ押しくらいですかね~。

なので今回は興味深かったです。
戸ヶ瀬さんへ
一寸=○○cmと言うのは、尺貫法ですね。
ツボの場合とは違います。
ツボの寸は、骨度法と言って、通常の1寸=3.03cmとは区別されてます。
ツボを測る場合の1寸は、親指の横幅だと覚えていただければOKです。

目の場合は、酷くなると吐き気と頭痛が出てくるので、
適度な休憩と温めて血流改善+太陽穴のマッサージをしてください。

応援ありがとうございます。
MIKUさんへ
こんばんは。
応援ありがとうございます。

手のツボ押しを試されたことがあるんですね。
機会があれば手のツボも書こうと思います。

応援ありがとうございます。
目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。