スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正確に測れる体重測定方法

 今回はできるだけ正確な体重測定の方法について紹介します。


 いくら運動や食事管理をがんばっても、体重測定がうまくできなければダイエットの進行状態がわからなくなり、結果的にダイエット失敗につながります。



正しい体重の測定方法

(1) 同じ時間帯にできるだけ軽装で測定する。

(2) 食事、運動、入浴後は避ける。

(3) 365日毎日記録する。



(1) 同じ時間帯にできるだけ軽装で測定する。


 体重や体脂肪率は、一日の時間帯により変動が大きいので、毎日同じ時間帯に測定する。できるだけ軽装で、季節に関係なく同じ服装で測定するのが望ましい。(下着のみの格好がベスト)



(2) 食事、運動、入浴後は避ける。


 体脂肪率は体内の水分量の変化の影響を受けやすい。食事2時間や大量の水分を摂った後や運動、入浴で汗をかいた後の測定は避ける。



(3) 365日毎日記録する。


 これがダイエットで最も大事なことです。食べ過ぎてしまった日も運動をしなかった日も、必ず体重だけは測定・記録することが重要です。 体重が増えてしまっても、それを毎日測定し把握することで、いくらでも取り返しがつきます。 毎日は難しくても、1日おきに体重を測っておきたいものです。

 ダイエットで最も怖いリバウンドは、「今日も増えた」→「怖いから測らないようにしよう」→2週間経過「ぎゃあ、体重が凄いことになってる」と言う経過をたどります。毎日、体重を測っていれば、リバウンドの心配もありません!



 ふなきちの場合


 私の場合は、毎日、起床後と就寝前に測定するようにしています。 起床後の測定を一連の動作にしてしまえば、測り忘れや忙しくて測れなかったということはありません。まず、身体の測定をして、自分の状態をし把握すること、これがダイエットの基本です。




当ブログは人気ブログランキングに参加しております。

あなたの応援クリックがブログ更新の励みになります。

応援クリック、よろしくおねがいいたします!!

↓          ↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 漢方・東洋医学
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ダイエット 体重

Secret
(非公開コメント:受付中)

目次
ブログ内検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ふなきちのプロフィール

めっと

Author:めっと

本職は、鍼灸師です。鍼灸とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)のことで、それらを用いて人の身体のケアをします。


現在は福岡市内で出張専門の鍼灸院を経営しながら、大学で心理学の勉強をしています。

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。